酒屋のテイスティングバー"ムード東洋"でカウンター越しに交差する会話と、泡盛をはじめとしたお酒の軽いエピソード
by MoodToyo
カテゴリ:つぶやき( 5 )
日本の
昨日今日で写真を撮りました。
d0138073_1181919.jpg

忍野八海。社会の資料集に出てくるようなジオラマの世界でした。行くまで知らなかったことですが住宅地にあります。スタバはありません。ご近所の方々はこの景観を伝えるために数百年のお住まいを維持されていることも、忍野の魅力です。庭を駐車場に提供するおねえさんは地元の印象を良くしている一人だ。忍野の地に70年といった感じだ。他所からお嫁に来たとすれば50年かも。。まぁいい。
今日は中国、ベトナム、タイからも大勢が押すな忍野のにぎわいでした。

d0138073_1365074.jpg

山中湖大平山からみた北の空。
日差しは強いがカラッとしていて涼しい風をいくらでも浴びていたい黄昏時。

d0138073_1543969.jpg

そして山中湖側からの富士山。裾野の広さには圧倒されます。というか、この距離でこんなに良く見えたのは初めだぜイエーッ!みたいな雲。

d0138073_1574650.jpg

そして日が暮れて夜が口を開けると月がありましたなんていいこと言うね。

あまりの感動にしばし放心しちゃ撮って、またポカァ〜ンとしては撮る。を繰り返したら悪寒がして発熱。。。同じ夢で繰り返し魘された富士の裾野のひざ枕。寝ずに来てしまった無理がたたった感じです。もしや部屋に問題でも。。。
まぁ、総じて旅は計画的に。急ぐと切符切られちゃいますよ!

最後までありがとうございました。あまりにも感動が大きくてついUPしちゃいました。

富士山を見るとスイッチが入るのは日本人だけかと思いきや、欧米人にもそれはあるようです。。
だからこその世界遺産。忍野八海の泉に飛び込んだ夢を見た人は是非足を運ばれては。。。 東洋

次回はお酒の話しでも。。。
[PR]
by rakusuikan | 2015-05-26 02:18 | つぶやき
再開
こんばんは、東洋です。
青森から銚子の太平洋沿岸、さらには飯岡・旭あたりまで津波に遭われた方々、また津波はなくとも震災の被害に遭われた方々、何も力になれず、本当にすみません。

コンビニの義援金函へお釣をとか町内で寄付なんてのは
それが役にたつなら…と思ってわずかですが。

YouTubeで各地を襲った津波。ご覧になられた方も多いと思いますが。。。

千葉県、車載カメラがとらえた津波の瞬間 なんて感じの投稿映像では
九十九里のビーチラインを漁港に向かう飯岡の急カーブを越えるところで
投稿者が津波に襲われた瞬間が映し出される。瞬く間に車(オデッセイ?)は持ち上げられ
駐車場の方へ流される。

その駐車場は、海響 uminari という それはもう素敵なお店で
東に見える屏風ヶ浦の岬に立つ飯岡灯台から始まり、正面に海、西は九十九里が弧を描いて延びていき、
タイル貼りの灯台がある刑部岬からは天気次第で富士も見えるという。
「飯岡百景」は伊達じゃぁ無いなというロケーションの良さが今回は悪い方に転んでしまいました。
年に3回しか行けないのですが、自分に本当の休日を与えてくれる国内屈指のお気に入り店です。
そんな思い入れがあるだけに。。。

テレビを見る習慣が無いので情報は専らネットですが、オンタイムでこんな大惨事になってるとは思いはしませんでした。放映されたニュースを見て「やっぱり酒屋はどこでも割れるなぁ」と変な感心をして、酒で膨らんだ床板の樽酒のような香りのなか後片付け。震災には似合わない青空を見ながら「落ち着いたら千葉に行こう」と思っていたのに海響まで。。。


岩手県で津波に飲まれる街並の中に酒蔵があります。
「酔仙」酔仙酒造は直接のお取り引きはございませんが、以前純米酒を問屋さんから仕入れた事がありました。おそらく他県でも沿岸部の酒蔵様は、甚大な被害に見舞われた事と思いますが、再開へ向けてご尽力ください。東北の復興を願っております!

話は変わりますが、節電は続けましょう。ただ全てを縮小傾向に持っていくのはどうかと。。。

被災に遭われていない方、被災地以外の方へ「どうぞお気遣いなくお花見をしてください」
岩手県の二戸で南部美人を醸す蔵の五代目が訴えた通り。
経済的な2次被害を憂慮して踏み切った勇断が、世を変えた気がする。

「一杯だけ東北の酒を飲んでもらうことが巡り巡って農家の方まで助かる」。

身近に被災地へボランティアで乗り込んで行った方々がいて、その人たちの感じたものは被災地の凄まじさと
「逆に被災者の方達から元気をもらった」という話を聞いた。

昭和の頑固親父ならこの時分に花見はあるめぇとの物言いもあるだろうが
「長期的な支援で包括的に東北のコミュニティーも救う」その一杯を抑えてしまうという行動は
いま、日本がとるべき行動ではない。
選挙も支援も似ている。その一票、その一杯を生かさなくてはいけない。

先週、「東北の酒はありますか?」と尋ねられたお客様がおられたので、福島の大七をお勧めしました。
「これで心置きなく飲める。」
五代目、久慈さんの気持ちが届いたようで、春のすがすがしい風が通り抜けたような心地でした。

八分、満開と開花して青空を彩る桜に「晴れ」を見いだす日本人。
その散り落ちる切ない様を知るからこそ、その瞬間を味わいたい遺伝子は、同時に「始まり」を覚悟する。
学生時代そして社会人、春は節目のそのものです。
人生において障壁は必ずあると思います。
放射能においても、それを乗り越える術もまた人間は持ち合わせていると思っています。
桜は猛暑と厳寒の後でも必ず開花します。

目に見えないものは恐るるに足りずの精神で行こうと思ってます。
今年の桜、本当に綺麗でした。


一度も行った事が無いのによく夢に出る、町波の見える岬のような場所を今年の花見に選びました。
1度目はカメラを忘れたので、これは6日後の2度目の写真です。
d0138073_4411085.jpg

お酒は閉店後、ひっそりと一杯だけ。
d0138073_442847.jpg

[PR]
by rakusuikan | 2011-04-22 04:36 | つぶやき
波照間の方向
お久しぶりです。
自分の誕生日に愛しのiMacが落雷でヤラれ、データ修復やらロジックやら電源ユニット交換で、非常に疲れました。ブログ、トチなび、食べログなどなど、パスワードは覚えているけど、ID忘れたなんて状態でこのエキサイトブログも昨日2ヶ月ぶりにログインです。

(そんなわけで、恥ずかしながらアズマヒロシ、更新遅れました)

さて、ここ地元鹿沼では最大のイベント「秋祭り」が行われました。
関係者の皆様、お疲れさまでした。
今回はじめてMoodToyoを秋祭りに出店させましたが
9日は最悪の雨模様で、10日の秋晴れ以上残暑未満という天候のなか
熱厚(アツアツ)ベーコンとタコス、オリオン生、そしてもちろん泡盛を販売させていただきました。
場所をご提供下さった皆様、スタッフ、そしてMoodToyoをご利用下さいました皆様には、この場をお借りして御礼申し上げます。

d0138073_3285737.jpg


その後、MoodToyoの最大のイベントである「泡盛の買付け(八重山編)」があったのですが、沖縄の10月には平均1回あるかないかという颱風(て〜ふ〜)を見事に当ててしまい正直、参りました。

「颱風13号」

昨年、波照間の宿でその脅威を聞かされましたが、「大型バスが横転しグルグル回っていた」という凄まじさだったそうです。その猛威は星空観測センターにも及び、望遠鏡が壊れたようです。
波照間の観光名所である同センターですが、「まだ復旧せず」という状態でした。
更にはびっくりしたことに「これからお客さんが伺います!」と宿から一報入れてもらったのに
着いたら「閉館」。

島時間は便利だな。 フッ。

最果ての島でそんな皮肉を言うハメになったのも、そう言えば13号でした。


今回の「泡波」買い付けは、波照間行き全便「欠航」により、石垣の酒屋を転々とし渋々って感じでした。
まず、高い。本数が揃わない。それにドラマがない。

「船首で潮風切って腕を組みながら、遠い波照間を見つめる」なんて
そんな買い付けのワンシーンもなかったわけです。。。
(※実際のところ船首は立ち入り禁止です)

仕方なく、ホテルのテラスから波照間の方向をぼんやりと見つめてました。。。笑
▼こんな感じで。
d0138073_3592117.jpg



本来なら「泡盛スタンプラリー全制覇」で飲んでいただきたい景品の泡波ですが、
「泡波だけ飲みたい」とのご要望には、当面お答えできません。すみません。m(_ _)m

でも「宮の鶴」は前回よりも多く仕入れられました。いいタイミングでした。感謝してます。
今回、宮の鶴のおばぁには会えませんでしたが、お元気であることをお祈りします。

スタンプラリーも年内に達成しそう、達成する、達成して!なんて感じのヒートウェーブ第2弾を感じています。

追伸 石垣島の某居酒屋で「白百合とカンパリオレンジ」で作ったという
   「おばぁの恋」だかなんだかというカクテルを飲みました。

        正直、あれは、無いな。


d0138073_3184591.jpg

ヒートアップするスタンプラリーカード。(本日の拾得物)笑
上のカードはまだスタンプ半分。でも「3枚目」の半分です。
[PR]
by rakusuikan | 2010-11-20 03:31 | つぶやき
末期の酒で急性アルコール中毒
2010年も、1/4が終わりました。
今日もたくさんのお客様にご来店戴きましてありがとうございました。
最終的に残られたお客様は皆、泡盛でしたね。
僕が三線を弾けたなら、多分カチャーシー始まりましたよね。
オール泡盛の店内って、結構異様な雰囲気ですよ。大好きです。。。笑

さて今、3ヵ月に1度の「棚卸し」が終わりました。
ご来店の皆様はご存じ(ないか?)かとは思いますが
レジ裏の棚をはじめ値札のない泡盛は非売品です。
何回棚卸しをしようと変化のない在庫数。

いったいいつ飲むんだろ。。。
というか、開封するの?(?_?)

中には今日、また歳を重ねたクースもあるだろうし、
今日の1杯で空になったから、未開封ボトルはお蔵入り(非売品)なんて具合もよくある事。


もし余命を告知されたら、全部開封してみたい泡盛70種(2010.4 現在)。
末期の酒で飲んだつもりが、急性アルコールによる中毒死。なんて可能性もある。

それもいいかな。

まぁ〜とにかく泡盛は面白い。
[PR]
by rakusuikan | 2010-04-03 04:11 | つぶやき
開通間近
東洋の前の通りが3月16日に開通します。
これで鹿沼市の数少ない観光地「天狗」の里、「古峯神社」へ一本道です。
大晦日になると神社への道案内を尋ねられますが、今年から「あ、まっすぐです。」で済みそう。。

思えば、一年前、工事中の看板が「3月10日まで」と書いてあったので
慌てて東洋の改装工事を着工させました。

東洋「大工さん、開通までに間に合わせてよ!」
棟梁「じゃ〜面倒な造りにすんな!」
なんて、そんなやりとりで過ごしていた一年前。

結局、開通は2008年ではなく2009年で、看板の表示は何らかの工事「期間」でした。(T~T)

開通は16日15時だそうです。ではでは。。。
[PR]
by rakusuikan | 2009-03-09 04:06 | つぶやき


カテゴリ
全体
島人誕生
新メニュー
催し物
新入荷のお酒
NEWS 速報
お知らせ
ごあいさつ
季節の旬酒
つぶやき
泡盛紹介
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ケータイサイトが出来ました
from Openまで、あと...ムー..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30