酒屋のテイスティングバー"ムード東洋"でカウンター越しに交差する会話と、泡盛をはじめとしたお酒の軽いエピソード
by MoodToyo
<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
久しぶりに日本酒を
っていうか、ブログ自体久しぶりだろ?と自分自身反省しております。
まぁ、向き不向きは誰にでもあると合理的に結論を出してお酒のご紹介を。。。

本日の1本は「手取川・大吟醸生酒 あらばしり」

d0138073_1982844.jpg


「あらばしり」って?という方に念のため軽〜いご説明を。。
「もろみ」を入れた酒袋を「ふね」に積み重ねて清酒を搾る工程で、加圧する前に「もろみ」自らの重さによって流れ出る一番搾りのことです。

ちなみに現在では機械式の搾り機(どでかいアコーディオンみたいなもの)に醪を通し、プシューッツと搾るとお酒が出てきて、アコーディオンの蛇腹の中に酒粕が残る仕組みとなっております。実際のところ、(書いちゃっていいのかな?)グングン加圧して搾れば搾るほど酒は取れる。
が、しかし。。。
ガッチガチに搾ってしまうと味は落ちるわけです。
だから、よくスーパーで見かける板のように固い酒粕を見ると、相当搾られたなぁと(搾られたお酒に対し)変な心配しちゃうわけですよ。

例えばお馴染みの酒蔵、結城の武勇さんの酒粕などは、掴めないくらいヤワヤワなのです。もう一回搾れるかも?なんて具合。冷凍しても固まらない柔らかさに、実家の母は使い易いと大喜びでしたが、酒粕を使った料理食べたっけ?? 最近では一昨日何食べたかも定かではない始末なので確証は無い。もう20年も昔の記憶だが、あらばしりのようにほとばしってほしいものです。

さて、「手取川・大吟醸生酒 あらばしり」。

肝心のお味は。。。

それは次回のご来店で。

こころからお待ちしております。不定休ゆえご予約を(笑)



もろみ「醪」(酒と酒粕が分離される前のどろんどろんした状態)
ふね「槽」(昔ながらの搾り機といったところ。神亀さんで初めて拝見させてもらいましたが、醪を詰めた酒袋を積み込むふたの無い箱のようなカタチ)
[PR]
by rakusuikan | 2015-06-15 19:07 | 新入荷のお酒


カテゴリ
全体
島人誕生
新メニュー
催し物
新入荷のお酒
NEWS 速報
お知らせ
ごあいさつ
季節の旬酒
つぶやき
泡盛紹介
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ケータイサイトが出来ました
from Openまで、あと...ムー..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30